ロッテオリオンズ旗 千葉ロッテマリーンズ旗
年度別リーダース 投手部門ベスト10 野手部門ベスト10 在籍した投手 在籍した野手 高校通算本塁打 年度別独断三賞
〜CONTENTS〜
ロッテ26番ホーム
“初代王者”コレクター
年度別チーム成績
背番号の推移
年度別レギュラー選手
年度別タイトル獲得選手
月間MVP受賞選手
年度別ドラフト指名選手
歴代移籍入団選手
歴代助っ人選手
選手名鑑
一軍登録選手
スタッフ一覧
誕生日 上半期
誕生日 下半期
記録達成!?
年度別リーダース
投手部門ベスト10
野手部門ベスト10
在籍した主な投手
在籍した主な野手
高校通算本塁打数
誕生から6年の思い出
いただきもの
年度別独断三賞
今年度の試合結果
過去の年の試合結果
今年度の公式戦日程
過去の年の公式戦日程
今年度の言いたい放題
過去分の言いたい放題
★ ロッテ関連リンク ★
1974年 日本一@
1974年 日本一A
2005年 6冠達成☆
初代交流戦V
2005年 2軍一
2005年 PO第1ステージ
2005年 PO第2ステージ
2005年 日本一
2005年 アジア王戦士
2005年 初代アジア王
2006年 交流戦連覇
2010年 5冠達成☆
2010年 2軍一
2010年 CS第1ステージ
2010年 CS最終s@
2010年 CS最終sA
2010年 日本一@
2010年 日本一A
2010年 日韓王者
2012年 2軍一
2014年 2軍一
サイトマップ
■ 掲示板 ■
◎ ブログ ◎
スポーツ観戦チケットは
“チケットぴあ”
icon
“ロッテオリオンズ”
誕生からの6年間
◆ロッテオリオンズとの出会い♪◆
1969年 野球少年だった私は 前年からテレビ放映が始まった元祖野球ア二メ
『巨人の星』に熱中していましたが、1月18日プロ野球球団東京オリオンズが
製菓会社のロッテと業務提携する事となり、球団名がロッテオリオンズに
変わるのを機にロッテファンの一員になりました。
ロッテを応援するきっかけは お菓子を作っている会社が球団名に付き 親近感を
覚えたからだった様な気がしますが、以降 ロッテ一筋の応援人生を送っています。
●●●●●●1969年〜1974年●●●●●●
1969年ロッテオリオンズ スタートの年。一生懸命応援しましたが、残念ながら
成績は69勝54敗11引き分けで 貯金を15個作りましたが、順位は
前年同様の3位に終わってしまいました。しかし この年は 後にミスター
オリオンズと呼ばれる事になる有藤 通世選手のデビューの年でした。
1970年濃人渉監督の下 80勝47敗3引き分けの好成績でパシフィックリーグの
チャンピオン
に輝き、最優秀選手には大車輪の活躍をし 21勝を挙げた
木樽 正明投手が選ばれました。 日本シリーズでは6連覇を狙う巨人と
日本一の座を争いましたが、残念なながら 1勝4敗(●0−1 ●3−6
●3−5 ○6−5 ●2−6)で敗れてしまいました。
1971年業務提携をしていたロッテが正式のオーナーになる。
チームは昨年を上回る成績(80勝46敗4引き分け)を挙げながら。。。
順位は阪急ブレーブスに次ぐ2位。シーズン途中 監督が濃人渉氏から
今では大沢親分と呼ばれるようになった大沢啓二氏に交代。
ドラフトで 後に活躍する弘田 澄男外野手、倉持 明投手(ヒゲ)、近藤
重雄投手、成重 春生投手、佐々木 信行捕手達を指名し獲得した反面
長年 大活躍された榎本 喜八一塁手が西鉄ライオンズへ移る(>_<)
1972年この年も 憎き阪急ブレーブスに優勝をさらわれてしまい
ロッテオリオンズは59勝68敗3引き分けと負け越し 5位に低迷。
この年を最後に1962年 東京南千住に完成した35,000人収容の
東京球場から撤退、以降 仙台宮城球場を準フランチャイズにしたり
していましたが、1978年 川崎球場(川崎劇場とも呼ばれた)を
本拠地とするまで本拠地なしのジプシー球団に。あの東京球場で よく
聞いた東京音頭は いつしか神宮球場へ移ってしまった。また思い出の
一つとして スコアボードの打順表にカタカナ文字の人が3人いた事を
覚えています。外国人枠は2人。「サブロー」とか「ユウゴー」と言った
名前を付ける人がいなかった時代に アルトマン・ロペス両選手以外に
もう1人 醍醐捕手の名前が「ダイゴ」と書かれていた事を忘れません。
もちろん 電光掲示板ではありませんでした。
ドラフトでは 後の新人王 三井 雅晴投手や伊達 泰司外野手達を指名し
獲得する。大型トレードで阪神から移籍され オリオンズでも大活躍した
小山 正明投手がユニホームを脱ぐ。
1973年この年から10年間 シーズンを前期と後期に分けて戦う事になりました。
監督には 400勝投手金田正一氏が就任。
新生金田ロッテのシーズン成績は70勝49敗11引き分けの3位。
優勝は 南海ホークス。しかし4年前の10月10日400勝を挙げた監督と
同じ日に 八木沢 荘六投手が完全試合を達成する。
1974年木樽 正明投手・成田 文男投手・村田 兆治投手・金田 留広投手・三井
雅晴投手・八木沢 荘六投手・近藤 重雄投手・水谷 則博投手・前田
康雄投手・成重 春生投手・村上 公康捕手・榊 親一捕手・土肥 健二
捕手・ラフィーバー一塁手・前田 益穂一塁手・山崎 裕之二塁手・有藤
通世三塁手・飯塚 佳寛遊撃手・千田 啓介遊撃手・新井 昌則内野手・
吉岡 悟内野手・弘田 澄男中堅手・アルトマン左翼手・池辺 巌外野手・
得津 高宏外野手・長谷川 一夫外野手・江島 巧外野手・岩崎 忠義
外野手・伊達 泰司外野手。おめでとうございます。
[名前を掲載しなかった選手 ごめんなさい。m(__)m]
この年 “ラッキー8”という言葉とともにゲームの終盤8回になると逆転
もしくは同点にする試合が増え10月2日後期優勝を果たし 前期優勝の
宿敵阪急ブレーブスとのプレーオフでは3連勝! パシフィックリーグを
制しました。シーズン成績は 69勝50敗11引き分け。
最優秀選手には16勝を挙げた監督の弟 金田 留広投手が獲得。
そして 日本一をめざした日本シリーズは 巨人の10連覇を阻んだ
与那嶺監督率いる中日ドラゴンズと対戦。4勝2敗(●4−5 ○8−5
●4−5 ○6−3 ○2−0 ○3−2) 見事日本一です。
日本シリーズの最優秀選手には 弘田 澄男中堅手が選ばれました。
読売ジャイアンツの10連覇達成できなかった年 長嶋 茂雄三塁手が
現役を引退した年の日本一はロッテオリオンズです。
<1974年日本一>のページに日本シリーズの詳細を掲載してます。
1970年 日本一になれなかった年に活躍された小山 正明投手・佐藤
元彦投手・榎本 喜八一塁手・広瀬 宰遊撃手・江藤 慎一外野手・西田
孝之外野手・井石 礼司外野手他 多くの皆様やりました。日本一です。
以 降翌1975年から パシフィックリーグは指名打者制がスタート。
2シーズン制を採用してた時期に後期1回(1977年阪急に2勝3敗)
前期2回(1980年近鉄に0勝3敗 1981年日本ハムに1勝3敗1分)
優勝しましたが、パシフィックリーグチャンピオンになれませんでした。
そろそろ順番が回ってきても良いのでは? 2005年回って来ました!
■本拠地も変わりました。■
東京球場(東京都)⇒仙台宮城球場(宮城県)※準本拠地⇒川崎球場(神奈川県)⇒
そして今は千葉マリンスタジアム(千葉県)です。
比較お宿探し伊豆観光情報管理人の別館 CONTENTS 〔別窓表示〕比較サーバー▲トップへ▲
世界観光情報東京観光情報割引観光情報スキー場情報 相撲応援部五輪応援部ゲーム&占い生活応援部